banner
ホームページ / ブログ / ダーウィン近郊でウミガメの産卵を見る場所:ベアサンド島ツアー
ブログ

ダーウィン近郊でウミガメの産卵を見る場所:ベアサンド島ツアー

Dec 19, 2023Dec 19, 2023

保存済みリストに記事を追加すると、いつでも戻って見ることができます。

柔らかく濡れたピンポン玉のように、完全に球形の卵が砂浜のバンカーに落とされると、観客は歓声を上げます。

海に手を入れる孵化したばかりの子ガメ。クレジット: Patch Clap

卵を産んだのは大きなヒラタガメで、意識が朦朧としており、人間の視線によって出産床がふさがれていることを気にしていないようだ。

準州での夜をどう過ごすつもりかと聞かれたら、ナイトマーケットで新鮮なココナッツを飲んだり、ウィリングス蒸留所でロゼラ入りのジンを飲んだり、ウォーターフロントのトレーラーボートクラブでバラマンディを注文したりすることを提案しただろう。

カメの総排出腔を観察することは計画にはありませんでした。

私は地元のツアー会社シー ダーウィンによるタートル トラックス ツアーに参加しました。私たちのカメの悲劇の小さなグループは、ダーウィンの埠頭からボートで 90 分のベア サンド島/ニュルビジルクに集まっています。

ボートから飛び降りると、私たちはすぐに大当たりを達成しました。数分以内に、ヒラタが今後 2 か月間子孫を収容するための卵室を掘るのを観察することができました。

掘り下げます。クレジット: Patch Clap

この離島には、砂丘でキャンプをしている非営利のウミガメ研究グループ AusTurtle のボランティアがいる以外は無人です。

私たちのカメが産卵中にトランスしている間に、彼らは彼女の甲羅を測定し、タグを確認し、卵室の温度を測定します。 29.5℃を超えると卵は雌を産みます。 下は男の子の赤ちゃんです。 地球温暖化のさらなる波及効果。

ガイドの海洋生物学者で雄のカメの行動を研究している博士課程のナタリー・ロブソンさんによると、ベアサンドの900メートルのビーチはカメの営巣のホットスポットだという。

ヒラタの母親の周りでは細心の注意を払う必要がある、と彼女は警告する。 ヒメウミガメやアオウミガメとは異なり、オーストラリアの唯一の固有種のカメは飛行可能な生き物です。 砂が湿りすぎたり、乾燥しすぎたり、寒すぎたり、暖かすぎたり、人間が怖がったりすると、砂は産まれません。

そのため、私たちは静かにし、グループを保ち、カメラのフラッシュをオフにします。 ベアサンドには数匹のクロックスが常駐しているため、水しぶきもありません。 それはとてもNTです。

今夜、私たちのカメは深さ50センチメートルに平均50個の卵を産み、50日間孵化します。

「ヒラタは私たちにとても親切です。 すべては50年代に終わっている」と、AusTurtleの創設者であるミック・ギニア博士は後に私に語った。 ボランティアグループのデータベースには約1700頭のメスのヒラタが登録されているが、オスは海に永住し、メスに餌を与えたり追いかけたりしている。

カメのささやき人、ミック・ギニア博士。クレジット: Patch Clap

「オスはそれほど複雑ではありません」と地元ではウミガメのささやき人として知られているギニアは付け加えた。 彼が初めてベアサンドを訪れたのは 1990 年で、今年、オースタートルのボランティアたちは、1996 年にタグを付けたメスたちによって再訪問されました。

信じられないことに、ヒラガメの寿命はわかっていません。 「彼らは研究している人々よりも長生きします」とロブソン氏は言う。

科学者たちが「失われた年」と呼ぶ最初の30年間は、メスだけが営巣のために上陸する性的成熟に達するまで、オーストラリアの大陸棚で放牧される怠惰なボーっとした日々だ。

「メスが岸に上がってきたら標識を付けて追跡することはできますが、オスには同じようにアクセスすることはできません。ボートから飛び降りて背中に乗り、泳いでいるメスに標識を付けない限りです」とロブソン氏は言う。彼女の博士課程の研究について説明しています。 「タートルロデオって言うんだよ。」

その間に母は産卵を終え、卵の上に砂を払います。 「それが、彼女がする唯一の母性行為です」と、ヒラタが驚くほど早く足を引きずりながら海に戻っていく様子をロブソンさんは観察した。

適者生存を確保するために、季節ごとにメスは数頭のオスと交尾し、新しいコロニーを形成するのに十分な DNA を備えた精子を一年中、場合によってはさらに長期間保存します。 彼らは生まれ育った島、または近くのグロース島、インディアン島、またはウズラ島に忠実に戻ります。 「ここのほぼすべてのビーチに、ヒラタガメの足跡が見つかります」とギニアは言い、9月になると、海岸は母の海に向かって競うヒナガメでいっぱいになります。